Windows10メールアプリ【おすすめ】

Windows10にはデフォルトの標準機能としてメールアプリが搭載されていますが、メールを自動でバックアップも取っていきたいという場合には、GmailアプリとThunderbirdというメールソフトを併用して使う事をおすすめします。

ビジネスシーンで使用するメールや大切なメールを見逃さないためにも自動的にメールをバックアップしていく事も必要で大切な事ではないでしょうか。

Gmailアプリ単体にも、Googleアカウントから手動でメールをバックアップする事も可能ですが、バックアップを実行した時点までのメールしかバックアップを取る事はできません。

バックアップを実行してから次回バックアップまでのメールを取りこぼすことなく、バックアップを取っていくためには、Thunderbirdというメールソフトを併用する事をおすすめ致します。

今回は、そのWindows10におけるGmailとThunderbirdを併用していく便利技をご紹介いたします。

イメージとしてはGmailをメインとして使い、バックグランドでThunderbirdで自動的にバックアップを取っていくといった便利技になります。

GmailとThunderbirdを同期して併用使用がおすすめ

私は、現在まで色々なWebメールやフリーメールを使ってきた中で、Gmailは送受信の精度が高く、使い勝手もよくて、セキュリティー的にもおすすめなメールアプリです。

他のWebメールやフリーメールでは特定のメールが受信できなかったり、POPやIMAPの遅延など、不具合やエラーの問題もございました。

Gmailではそのような問題に合う事はなく、とても便利に使わせていただいております。

やはり、私がメインとしてGmailを選んだ理由は、メールの送受信の精度とセキュリティー、使い勝手です。

メールソフトも同様に、色々なメールソフトを使ってきましたが、その中でもThunderbirdは主にIMAPをローカルに保存できる点やプラグインが使用できる事で、便利な使い方ができるのでおすすめです。

Thunderbirdで自動バックアップを取る方法

下記の設定を行う事により、Gmailをメインとして使いながら、Thunderbirdで自動バックアップをしていくという事が可能となります。

ThunderbirdにGmailを設定(imap)

・GmailのIMAP受信設定

・IMAPをローカルに保存する設定

・MinimizeToTray revived (MinTrayR)というプラグインを使って、Thunderbirdをバックグラウンドで常駐させる設定

Windows10にThunderbirdを設定

・スタートアップに登録

・自動起動の際、最小化で起動させる設定

Windows10のおすすめメールアプリ【まとめ】

いつ何が起こるのか分かりませんので、パソコンのバックアップ同様、メールのバックアップも大切な事です。

私は色々なWebメールやフリーメール、様々なメールソフトも使ってきましたが、GmailとThunderbirdはとても精度が高く、併用使用の相性もとてもよいです。

ぜひ、メールのバックアップの重要性も視野に入れ、今回ご紹介した方法を試してみてください。

シェアする